FC2ブログ
2007年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2007.03.20 (Tue)

東京で・・・(続き)

<続きです>

お尻が丸見えの状態での施術が続き、恥ずかしいやら気持ちいいやら。
そんな状況だと言うのに、その方は足の付け根をグイグイ指圧しています。

「はい、仰向けお願いします」
「はい、こちらこそよろしくお願いします」

恥ずかしいので自分でタオルを乗っけてみました。
しかし足のマッサージが進むにつれ、だんだんとずり落ちてきます。

いつも行くお店なんかでは、若い子相手でもあまり恥ずかしいとは思わないのに、今日は何だかなー。

とうとう、タオルがサヨウナラし、代わりにJrがコンニチハ。

「あらぁー」
「あらぁ、すみません・・・」

あらぁーはないでしょ!と思いながらも、素直に反応するJr。

「どうされます?ココ」
そうですね~、そうですね~、困っちゃいますよね~

しばし沈黙。

「楽にしますか?」
「はぃ、おねがいしちゃなー」

という訳で、お願いしてしまいました。
肩こりはあまり解消しませんでしたが、深い眠りにつけましたとさ。




スポンサーサイト



23:49  |  レポ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.20 (Tue)

東京で・・・

おはようございます。
昨日から出張で東京にいます。

朝一番の新幹線で東京に入り、夜は同僚と軽く飲んでホテルにチェックインしました。

「(あー、疲れた・・・、今日は久しぶりにビジホのマッサージでも呼んでみるか)」

と言う訳で、さっそくフロントに電話しました。

「〇〇時からマッサージお願いでしたいんですけど?」
「確認しますので、お待ち下さい」
「(できるだけ若い人がいいなぁー)」
「〇〇時で大丈夫でございます」
「あっ、そう、じゃぁお願いします」
「あっ!来るのって女性だよね?」
「はい、女性でございますが、男性の方がよろしいですか?」
「いやいや、男性だと"リラックス"できないからね」
「かしこまりました」
「できるだけ若い人だとうれしいんだけど」
「外部からの派遣となりますので、何とも、、、やはり年配の方が多いと思いますが」
「だよね。わかりました。では〇〇時に」

マッサージの時間に間に合うようにシャワーを浴びていると、携帯に電話が、、、。

仕事の電話でした・・・。
ちょっとゆっくりさせてくれよ!!!!

15分ほど話したでしょうか。
すっかり冷え切ってしまったので、少しだけシャワーで温まろうと思いバスルームへ。
数秒ほど浴びたところで、「コンコン」。

「あ、しまった、時間だった」

慌ててバスタオルを腰に巻きドアを開けると、年はそれなりですけど上品っぽいケバ目(どんなんや!)の40台くらいの人がいました。

「あー、すみません、シャワー中でして・・・」
「ちょっと早かったかも知れません、すみません」
「急いで浴衣着ますからちょっと待って下さい」
「暑いでしょうから、そのままでも結構ですよ」

「(・・・ラッキー)」(腰タオルのまま)

これまでも、わざとシャワーを浴びてた振りをして、同じような状況にする事はありましたが、自然とこうなった上に「そのままでいい」と言われたのは初めてです。
「ここままでいい?」とこちらから聞いた事はありますけどね(笑)

「お客さん、どこから来たの?」
「大阪だよ」
「へぇ、やっぱり阪神ファン?」

絶対に聞かれます!!!
大阪と言えば必ず阪神ファン?です。
マッサージを呼ぶと100%聞かれます。何でや?
マッサージ屋さんの接客マニュアルには、大阪人=阪神ファンと書いてあるのか・・・?

しばらく世間話をしてから開始です。

「横向きからお願いします」
「はいはい」

なかなか上手です。
が、横向きなので、タオルがずり落ちそうです。

右側が終わると左側です。
回転の際にタオルの結び目が解けました。
腰にタオルを置いているだけの状態です。

相手がおばさんとは言えやや緊張します。
今まで遭遇した妖怪級のおばさんなら緊張もしませんが、今回の方はなかなかの美形なので緊張度もアップします。

肩、腰のマッサージが一段落すると、続いて足のマッサージです。
バスタオルの上からお尻近辺、足の付け根を揉まれると、どんどんタオルがずれていきます。
自分からは見えないですが、既にお尻は丸見えの状態じゃないかと思います。

<長くなってきたので、続きは後ほど>




10:39  |  レポ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |